不器用な人にオススメ!器用な人と不器用な人の違いとは?

スポンサーリンク
自己啓発

数回の練習で出来るようになる人のことを、「あの人は器用だから」と片付けてないですか?

「自分は不器用だから、何回も練習しないといけない」で、片付けてないですか?

考え方を変えることで、あなたも器用な人に近づけるかもしれません。

スポンサーリンク

不器用な人にオススメ!器用な人と不器用な人の違いとは?

器用な人とは

  • 先読みができる能力が高い
  • 常に何手か考えてる
  • イメージ力が強い
  • 女性脳であることが多い

不器用な人とは

  • 先読みできる能力が低い
  • 一手しか考えてないことが多い
  • イメージ力が弱い
  • 男性脳であることが多い

上に挙げた項目が、私が考える器用な人不器用な人の違いです。

では、どうすれば器用な人に近づくことができるのでしょうか?

器用な人に近づく方法とは?

不器用な人とはの項目で、私が一番重要だと思っているのは、男性脳であることが多いです。

男性脳とは

  • 論理的(柔軟に対応できない)
  • 複数の作業を同時進行できない
  • 集中し過ぎて周りが見えない

論理的で頑固であるため、絶対にこれはこうしないといけないと思ってしまうことが多いので、結果にたどり着くのに、遠回りな方法を選んでしまう可能性が高い → 器用な人ほど、客観的に物事を考える能力が高いので、結果にたどり着くのに、複数の方法を選ぶことができる

複数の作業を同時進行する能力が低いので、結果時間がかかってしまう → 器用な人は、複数の作業を同時進行する能力が高いので、ロスタイムが少ない

集中し過ぎて周りが見えなくなるので、自分の作業以外の対応が遅れてしまう → 自分の作業をしながら、周りも見えているので、自分の作業以外の対応も迅速にできる

上の文章が、男性脳によって起こりうる不器用な人の行動と、女性脳を持っている、器用な人の行動の比較です。

日々の生活で、意識することで、不器用を克服できる

  • 日々起こる事を、必ず検証する癖付けで、対応力が上がる
  • TV、ネット、書籍などの情報を鵜呑みにしない(色んな方面から、客観的に見れるように、意識する)
  • 同時進行ができるようトレーニングする(料理がおすすめ)

日々起こる事を、必ず検証する癖付けで、対応力が上がる

「失敗は成功のもと」ということわざがあるように、失敗した時は、なぜ失敗したのだろう?

考えられるだけの方法を、いくつも検証する癖付けをすることで、選択肢を増やし、選択肢が増えたことで、柔軟に対応できる能力が上がります。

TV、ネット、書籍などの情報を鵜呑みにしない(色んな方面から、客観的に見れるように、意識する)

最近はSNSのコメントなど、リアルタイムで、多くの人の考え方や気持ちを、見る機会が多くなっていますが、考え方や気持ちに偏りがあると、鵜呑みにしてしまうことがあると思います。

そういう時こそ、客観的に見れるよう努力してみて下さい。

客観的に見る意識付けをすることで、視野が広がるはずです。

同時進行ができるようトレーニングする(料理がおすすめ)

男性脳は右脳、女性脳は左脳を使っていると言われていますが、左脳をトレーニングすることで、女性脳が発達するかもしれません。

女性脳が発達することで、作業を同時進行させることができると考えています。

おすすめのトレーニング方法は、料理です。

時間を決めて、複数の料理を温かく1番美味しい時に出すにはどういう工程で、作らないといけないか、考えながら作る料理トレーニングはおすすめです。

まとめ

「自分は不器用だから」で片付けることはとても簡単です。

「なってしまった」ではなく、必ずなぜそうなってしまったのか検証する、「他の方法は無かったのか」考える癖付け

物事を、客観的に見る意識付け

複数の作業を同時進行させる能力を高める努力をすることで、

不器用な人から器用な人へとチェンジすることができると私は思います。

コメント

  1. アバター takafumi より:

    こんにちは。初めまして。
    不器用なのは元からなのではなくて、
    器用になるための習慣化ができてなかったからだと思いました。
    複数のことを同時にできるようになることは必要なことなのですね。
    しかも精神的にも負担を感じないようにする工夫もしないといけないですね。
    ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました